このブログではまこちゃんがJ-サーキットに出会うまでの、シッパイ連続ダイエット談を大暴露!!
ダイエットとリバウンドに苦しんでいるあなた、是非参考にしてくださいね♪
Category
NewEntry
Archives
Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Links
Profile
Mobile
qrcode
----- J-サーキット公式ページ ------
Other


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
フィットネスクラブでダイエット

まず、ジムに通うにあたって私が心につよーく誓ったのは
友達・・・?
『ジムに友達は作らない!』


という事。



ヘンに友達ができて、場所取りを頼まれたり、帰りにお茶とかランチなんて誘われたらめんどくさいし〜。


それからモーニングの時間帯には、サラリーマンではないと思われるちょっと遊び人ッぽいおじ様たちもたくさんいるから、ナンパされないようにしなくっちゃ!(チョー自意識過剰)




私は、ウォークマンを持参し、両耳にイヤホンをしっかりと入れ込み、視線は常にうつむき加減、誰とも目を合わさないようにトレーニングを始めました。
ぽっつり
外界の音は何も聞こえず、誰も存在しないかのようにたった一人で黙々とトレーニング・・・。

誰が見てもなんだかくら〜い女の子です。これで安心。

ややこしい人間関係に巻き込まれなくてすむはず♪



しかし、本当に孤独なのです・・・。

過去に経験した通信販売のウォーキングマシンよりも孤独・・・。

だんだん、自分が本当に暗い人間のように思えてくるのですが、めんどくさいよりはずっとマシ・・・。



耳をふさぎ目を閉じた状態での、ジムに来ているはずなのに孤独なトレーニングの時間が1時間半続きます。

時計を何回も確認し、早く終わらないかな〜、まだかな〜ってばっかり考えています。


ウェイトのマシーンなんて、1回やったら「こんなの私には無理・・・」って感じで、私はひたすら歩き、自転車をこぐという時間を過ごしました。


◆◆ 続き→フィットネスクラブでダイエット〜その4 ◆◆

| ◆必死のフィットネスクラブ通い編〜27歳〜 | 10:07 | - |
スポンサーサイト
| - | 10:07 | - |